忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ライブ前日、拠所ない理由により2名のキャンセルが出た。
ところが有り難いことに、その席もすぐに埋まった。

そしてライブ当日。
ステージの合間に、ひとりの男性客の方が、
僕らの控室になっていた奥のテーブルにわざわざ
感想を述べに来てくれた。
懐かしく、そして楽しい時間を過ごさせてもらってます、と。
その男性こそ、前日のキャンセルを受けて急遽おいでいただいた
ご夫妻のご主人その人であった。
奥様曰く、
「今日は私の希望でライブに伺ったんです。でも、最初は主人は
乗り気じゃなかったんですよ。たまには私の希望もきいてよ、
と言って、聞き入れてもらったんです。」とのこと。
「本当に来て良かった。」と付け足してくれた。

このご夫妻のふだんの生活ぶりは分からないけれど、
まさに音楽とは出会い、そして一期一会を地で行くような話だと思う。
僕らアマチュアミュージシャンにとっては、慣れ親しんだライブという
空間も、一般的に見ればそう日常的な空間ではないはず。
そこへ人様をお呼びするなんて、実はとても大それたことだったりする。

それだけに、このご夫妻から頂戴したお言葉は、
僕らの心に強く響き刻まれる。

ライブ、それは僕らにとって、
ひとつの発表の場ではあるけれど、
やはり聴いてくださる皆さんへの「おもてなし」の場所でもある。
そこは忘れてはならないポイントだろう。




「Take the A Train」 そしてアンコールの
「 Imagine」で終わる予定だった。
ライブの終わりは賑やかに、そして、緩やかに軟着陸。
そんなストーリー、計算が僕らにはあった。
ところが、アンコール演奏後も、まだ何かを求め合う空気があった。
それは、たった今まで皆で音楽を共有していたという余韻。
そして、その余韻にぴったりとはまったのが、「Eternally」。
その1曲で、この夜のコンサートにピリオドが打たれたような、
そんな気分に全員が浸った。

計算外のところに「答え」は転がっていたりする。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.