忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年の秋以降、活動をお休みしていたFU's ALL TIMEが、
この春のライブに向けてようやく動き出しました。
詳細は決まり次第、当ブログ等でご報告致します!





昨夜、「ミーティング」という名の新年会を終えその帰宅途中でのこと。
総武快速線のF橋に到着。
座席を立ち、今まさにドアが開くそのタイミングを待っている僕。
タイミングを同じくして僕の真向かいに立つ60代半ばぐらいの男性。
そのすぐ後ろには奥様と思しき女性もいらした。
男性と僕とは一瞬目が合ったが特に変わった様子もない。
やがて電車のドアが開き、男性と奥様らしき人物は僕より先に
ホームへ降り立った。
その後を追うように電車を降りた僕は、階段のある左方向へ
カラダの向きを変え二三歩歩き出す。
すると背後から聞こえた、女性の悲鳴のような声とザザッという足音。
何?と振り返ると、さっきの男性が少し前かがみの状態で
ヨロヨロとホームを横切る格好で歩いている。
前かがみになり頭を下げているから歩くスピードは加速度を増している。
付近の誰もが「危ない!」と思った瞬間、
男性はホームの反対側の線路内へ上半身から転落してしまった!

幸いすぐに電車が入ってくる様子はない。
が、見ているこちらも一瞬のことに軽いパニック状態。
ホーム上の「非常ボタン」は何処?と捜すのが精一杯。

どうやら転落した男性はすぐに起き上がったようで、
ホーム上の奥様の腕に掴まり自力でホームによじ登った。

が、、その後がいけない。

カラダの何処かにダメージを受けたらしく、
その場に仰向けになったままグッタリと動けなくなってしまった。

事の成り行きは、今停車したばかりの電車の車掌が見ていたので、
ほどなく駅員らは駆けつけたかのようだったが、
ひとつ間違えれば命さえ落としかねない事故。

気がつけば、各駅線のホーム上でも若い男性が
駅員らに囲まれてうずくまっているではないか・・。

F橋駅は騒然としていた。

終電の少し前。
どこにでも危険が口を開けて待っているのだなと、、。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.