忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日は市原市の某介護施設でのコンサート。
この6月に りょうちゃんプロデュースのもと、
僕らの地元老人ホームで僕と猫三郎さんで演奏した「懐メロ」ライブの
第二回目である。
会場の施設に着いてまず驚いたのがその新しさと広さ。
施設利用者さんの食堂を利用したと思われるゆうに100人は
席を置けそうなスペース。
現に観客の数は100人弱??
用意して行ったPAでは後ろのほうまでは、ちゃんと音が届いて
いない様子。



最初の1-2曲こそ会場に固さがあったようなものの、
今回も施設側で歌集を用意して下さったおかげで、
観客のみなさんと一体になっての楽しいコンサートに。
今回のイベントの特長として、施設利用者のご家族も
参加していらっしゃったこと。
従ってお子さんや御孫さんと思しきご家族の姿も多く見られ、
さらに和やかで微笑ましいムードに包まれたコンサートになった。
選曲はそんな事情も考慮して、

1.きよしのズンドコ節
2.なごり雪
3.愛燦燦
4.影を慕いて
5.高校三年生
6.しあわせなら手をたたこう
7.瀬戸の花嫁
8.鉄腕アトム
9.夏の思い出
10.故郷
11.星影のワルツ
アンコール: 神田川

アンコールの「神田川」にあっては、
万一のアンコールに備えて会場入りしてから急遽練習。
その予想通りの展開になって披露することに。
しかし、、猫三郎さんのギターが余りに素晴らしく、
僕の歌も気持ちが入りすぎてしまい、、
なんと、、途中で言葉もメロもすっ飛んでしまったという、、。
曲の世界に入りすぎるあまり歌えなくなる、
なんてこと最近なかったんだけどね。
しかもそれが「神田川」だなんて、、。

コンサートは、奏でる者聴く物が一体となって創り上げるもの。
まさにそんな感じのひとときだった。

イベントを準備して下さった皆さん、
施設関係者のみなさん、お聴き下さった皆さん、
僕らにとってまた楽しい思い出がひとつ増えました。
有難う御座いました。




■追記
 猫三郎さんと組んでやっているこのユニット。
いわゆる懐メロが中心なわけだけど、耳に馴染んだ曲だからといって、
これをカバーして人様へお届けするのは、実はそう容易いことではない。
僕自身のことはさておき、猫さんのギターテクと柔軟な音楽性が
あってこそのパフォーマンスだと言える。
第二回目の今回は曲目も増えた。
二人でこの曲にどう向き合うか。
楽しみでもあるけれど、
自身の音楽活動と平行しながらこれらもこなすのは
正直、楽ではない部分も多い。
本文でも触れたのだが、僕らの活動には りょうちゃんという
プロデューサーでありマネージャーであり、イベンターでもある
第三番目のメンバーの存在がなくては決して成り立たない。
彼は裏方に徹してるいるけれど、その存在があって初めて僕らは、
自分達のパフォーマンスに集中できるのだ。
そして、PA機材を貸してくれる噺場マスターの存在。
みんなの協力の上で実現しているのだ。

 そしてもうひとつ。
先に書いたように、決して楽なことばかりではないのだが、
それでもやって良かったと思っていられるのは、
通常繰り広げる自分達のライブでは得られない達成感、
僕らの奏でる音楽が、少しは人様のお役に立てているという実感。
それが僕らを支えてくれている。
そんなことを再認識した今回のイベントであった。





PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
有難うございました
遠くまでお越し頂き、そして素敵な音楽を聞かせて頂き有難うございました。「素晴らしかった」と言う感想を何人もの人から言われ、私も自分が言われているように、いい気分になってしまったりして。

今回のイベント、まずは利用者さんの素敵な笑顔があったことが何より嬉しかったですね。ボランティア参加の方も職員も誰もが心に残る歌だったと言っていました。

また、今回のことで、作り上げることの素晴らしさを、職員さんに感じてもらえたなら大きな成果だと思っています。

また是非!素敵なギターと歌を聞かせてください。本当に有難うございました。
hitomi 2008/10/06(Mon)23:21:39 編集
お疲れ様です!
第三のメンバーを含め、お疲れ様でした。

ワタシも最近痛感するんですが、出演者以外にサポートしてくださる方がいるとどんなに楽か。

りょうちゃん、お疲れ様でした!
おっぴん 2008/10/07(Tue)00:31:28 編集
お世話になりました。
会場に行ってまずそのイベントの盛大さに驚きました。
事前の準備はさぞご苦労も多かったろうと。
ステージ上からも、利用者さんの素敵な笑顔を
たくさん拝見できて嬉しかったです。
施設長サマによろしくお伝え下さい。(^^ゞ > hitomiさん

アマチュアがあまり多くを望むのもなんですが、、
演奏に集中できる環境って大切ですよね。
そういう意味でも「木場ストック」って、行き届いたイベントだと再認識。> おっぴん

筆者 2008/10/08(Wed)12:56:39 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.