忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



煮えきれない、イケてないお父さんの
本音です。

「ギターなんて"不良"のやることだ!」
なんて声が世間にまだ少なからず
聞こえていた時代、音楽を始めた。
『モテたいから』などと破廉恥?な輩もいたらしいが、
自分の場合、そんな動機はこれっぽっちもなかった。
ひたすらに、憧れのミュージシャンのようなギターを弾きたいだけだった。
大晦日に始まり正月三が日、部屋に篭ってギターを弾き続けた。
もちろん、親がいい顔をする筈もない。
幾らか下火にはなっていたとはいえ、
キャンパスに立ち並ぶ学生運動のゲバ文字看板の横を
ギター提げて歩く姿は、
自分はノンポリですと宣言しているようなものだった。
後ろめたくはなかったが、
所詮ギター弾きの歌唄いなんて、
どこか社会から浮いた存在のような気がしてならなかった。
その辺りの心持ちは40年以上経った今も殆ど変わらない。
いまだにギター担いで電車に乗るのは相応の覚悟がいるし、
ステージに立つ際は、
『こんな年になって、まだやってます』という負い目があるから、
気恥ずかしさが常に付いて回る。
バンド活動が大半(^^)しめる我が身。
正直、ソロパフォーマンスは
楽しむ余裕なんていまだにない。
にも関わらず、音楽を止めようとしない
自分の気持ちが意味不明だ。

自分が演奏した結果として、
その日その時、
目の前で聴いてもらえるお客さんや、
ユニット、バンドとして心を一にし、
共に音楽を楽しむ仲間達の人生の彩りになれば良いと思う。
時に、イベントに関係する全ての人が笑顔になればと思う。
唯一それが、音楽する事の目的と言えるようになった。

2人合わせて120歳、なんだそうな。
若い頃、お互いどんな音楽をやっていたか、詳しくは知らない。
が、音を聞けばなんとなくは想像つく。
バンドの中で、自分の有り様を常に探求しつつ、
反面、自我を捨てきれない。
元バンドマンなんて、そんなヤツばかりだろう。

確かな事は、随分と長い間、
頭使って、カラダ使って、金使って、
時間使って、時には友達を失くして、
そして今も、家族の目を気にして、
それでも尚、懲りずに音楽を続けているという事。
長く続けてきた者でしか出せない音は、
同じ時代の空気を身に纏っているからこその産物になるに違いない。

若い彼らと違って、
この地平の先の何か輝かしい未来を
夢想しているわけでもない。
絶対にそんな未来は、この親父達に
訪れる筈もない。

だが、
"不良“の成れの果ては、
今ものすごく自由で、
幸せなのかも知れない。
音楽人生に落とし前つけたくて
ウズウズしているのだ。

2018年 夏



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.