忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
こちらは、つい最近 Facebookの載せた記事。
ブログへの投稿が寂しいので、、
反省を込めて? 転載(笑)





昔、とあるライブレストランのマスターが
僕らアマチュアミュージシャンに、
ステージ上での譜面台使用は、
見た目に良くないので止めた方がいいって、
しきりにおっしゃってました。
それはそうなんだけど、
そろそろ中年の域に差し掛かっていた
僕にとってそれは、コードはともかく歌詞が
覚えられないというのが如何ともし難く、
今日まで大抵のステージで、
それを手放せずに来たわけなんです。
ところが最近、さらに歳を重ねたせいか?
歌詞のみに限らず、コードが分数になったり、
テンション入ったり、1小節で2度3度と
チェンジするとなると、
コードさえおぼつかなくなることが増えて来た、という…。
あんなに練習していたのに、、
目で見ているスコア、コード、記号、
さらには、自分やメンバーの歌声に反応して、
それらが脳内を駆け巡り、一瞬のちに両の手から
弾き出される音がリンクしていない、、という。
え?何?オレ、、違うじゃん、、っていう。

うぅむ、、そんな自分を認めてしまうのは
イヤなんだけど、瞬発力が無くなったというか、
こんなはずじゃなかったよな、と思い知らされる
場面が多くなってきたのであります。
そんなご同輩も多いのではないかしら?

だけど、年齢のせいにはしたくないし、(^^;;
嘆いたところで本番は待ってくれないから、
頑張れ、、自分ヽ(;▽;)




ちなみに、、以上がFacebookからの引用なんだけど、
「ステージ上での譜面台使用について」の点で、
皆さんの反応が色々で勉強になりました。

もっとも、、自分的には、譜面台を使う使わないが
問題ではなくて、、目と音楽脳の衰えを感じ、
それらに抗いつつも、必死に音楽を楽しんでいる
自分を表現したかったわけでして、、(笑)









PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.